【このページの使い方】

1:発声の基礎動画(仁賀先生)を見ながら 呼吸法について学び、毎日、

   継続してみてください。

2:ビギナーのために、学びやすいゴスペル動画を用意しました。

     参考動画(オリジナル曲)を聴いたりしながら、お好きな曲を選んで下さい。

3:曲が決まったら、歌詞をダウンロード。

4:#7-1 #7-2とある場合、#7-1の動画からみて音取りをしてください。

5:目次欄を活用して、何度も聴きながら歌ってみましょう。

     動画の良い所は、何度も戻って繰り返し聴ける所です。

6:#-2の動画でブラッシュアップ。 覚えて歌えるように練習してみて下さい。

【ゴスペル基本知識】

●ゴスペルは、通常3声(ソプラノ/アルト/テナー)です。

・高い声…ソプラノ

・中ぐらいの声…アルト

・低い声…テナー ※男性は通常テナーですが、

 音が低すぎる場合はアルトまたはソプラノでチャレンジしてみて下さい。

 

 ゴスペルは、通常、楽譜がありません。

 何故なら黒人奴隷時代に、人々が、聞き覚え、

 そして伝わった事に始まった音楽だからです。

お家で

ゴスペル

​②
​​​​オリジナル参考動画を観て
曲の全体を把握
​​レッスン動画の視聴の前に
​​レッスンスタート!
​③​​
​​​​自分のパートの
取りは
何度も​練習​​
​​​​レッスンしたい
動画の歌詞を
ダウンロード
​①
​はじめに…
​●下記の動画はご自身の練習にのみご活用ください
 ※無断での転載、外部での使用は禁止致します
 ℗&© 一般社団法人GOSMACミニストリーズ